円グラフ画像作成・概要

簡単に円グラフ画像を作成することができるツールです。 円グラフはどんなときに使えばよいか?円グラフのメリット・デメリット・概要などもまとめられています。

円グラフはどんなときに使うの?

円グラフは全体の割合を表すときに使います。例として意識調査などが挙げられます。 量よりも割合に注目してもらいたいときに効果を発揮します。

円グラフのメリット

  • ・量より比率に注目してもらいたいとき
  • ・項目数が少ないものを比較するとき

円グラフのデメリット

  • ・量を表すとき
  • ・項目数が多いとき
  • ・大きさを比較するとき

円グラフの概要

円グラフとは、丸い図形を扇形に分割し何らかの構成比率を表したグラフのことを指します。 円グラフは最も一般的なグラフの表現方法としてビジネスやマスメディアで利用されていますが、 統計学者は円グラフを使用しないことを推奨していることが多いです。 項目数が多いとグラフの領域が圧迫されて見にくくなることもありますので、円グラフは情報量が少ないものに適しています。 3次元グラフは見た目は美しいのですが、データ比率が正確に伝わりにくいためビジネスでは避けられています。
©2019 Laravel